天然アスタキサンチン   天然アスタキサンチン
特許その他

トップページ > 特許その他 > 関連日本特許 - 公定書 
トップページ
アスタキサンチンの概要
アスタキサンチンの化学
アスタキサンチンの製法
アスタキサンチンの抗酸化作用
生理活性
アスタキサンチンの代謝
安全性
産業への利用
特許その他
関連日本特許
公定書
関連文献・研究


関連日本特許

アスタキサンチンに関連する主な特許一覧(2004年末現在)

発明の名称
出願人
特許番号
特許日
飼料添加剤 アイテック 2528788 19960614
家禽類用飼料 ケイ・アイ化成、全国農業共同組合連合会 2561198 19960919
養殖魚介類用餌料 ケイ・アイ化成 2593765 19961219
アスタキサンチン含有組成物 サントリー 2619491 19970311
アスタキサンチン高含有緑藻類の生産方法 クロレラ工業 2707572 19971017
植物、海藻、細菌、オキアミ類、小エビ及びその他のザリガニ及び甲殻類からのアスタキサンチン及び関連するカロチノイド、アスタキサンチンエステル、キチン、タンパク質及び食肉の生産方法 ミカルセンエステル 2843669 19981023
アスタキサンチンのイン・ビボ生産方法およびAX含量を増加させるファフイア・ロドジマ酵母 アイジーン バイオテクノロジー 2880545 19990129
観賞魚用飼料 日清製粉 2923683 19990726
オキアミからの色素の抽出分離方法 クロリンエンジニアズ、イタノ冷凍 2963152 19990726
魚介類の卵質改善剤および卵質改善方法 サントリー 3004070 20000131
発酵法によるアスタキサンチンの製造法 協和醗酵工業 3117714 20001006
アスタキサンチンの製造方法 ヒガシマル醤油 3163127 20001006
アスタキサンチンの製造方法 ニユーロサーアチ 3171403 20001006
高濃度のアスタキサンチンと低濃度の3-ヒドロキシ3',4'-ジヒドローベーター、ブザイ-カロテン-4-オン(HDCO)を含むパフイアロドツイマの新規株 ギストプロカデス 3202018 20010827
アスタキサンチンの製造方法 クラレ 3249867 20011109
アスタキサンチンの精製法 クラレ 3266719 20020111
マダイ用色調改善飼料 メルシャン 3317412 20020614
アスタキサンチン含有動物プランクトン 協和醗酵工業 3320417 20020621
アスタキサンチンの製造法 海洋バイオテクノロジー研究所 3383342 20021220
アスタキサンチンの製造方法 ヒガシマル醤油 3499259 20031205
アスタキサンチンの製造法 海洋バイオテクノロジー研究所 3570741 20040702
育種哺乳動物および生産哺乳動物の生産を増加させる因子 アスタカロテン 3620858 20041126
化粧料 資生堂、日本水産 H03-048884 19910725
アスタキサンチン生産性酵母細胞、その製造方法及びその使用 ギストプロカデス バイオカラーズインテレセントスカブ 2140920 19950222
橙色色素の製造法 資生堂、日本水産 S63-040827 19880812

発明の名称
出願人
公開番号
公開日
アスタキサンチン含有ヘマトコッカスの製造方法 大日本インキ化学工業 2000-060532 20000229
経口用抗アレルギー性組成物 日本油脂 2000-086521 20000328
メラニン生成抑制剤及びこれを含有する美白用皮膚外用剤 コーセー 2000-128762 20000509
皮膚外用剤 コーセー 2000-136123 20000516
アスタキサンチン含有食品 アイテック 2000-189102 20000711
皮膚外用剤 コーセー、日本デルモンテ 2000-229827 20000822
美白用皮膚外用剤 コーセー、日本デルモンテ 2000-229828 20000822
アスタキサンチンシンターゼ ロシュ 2000-262294 20000926
皮膚外用剤 コーセー 2000-327550 20001128
ファフィア株を形質転換する改良法、そのようにして得られた形質転換したファフィア株及び前記方法における組換えDNA ギスト ブロカデス ナムローゼフェンノートシャップ 2000-507087 20000613
ヘマトコツカス種の成長プロセスの制御方法 アクアサーチ 2000-513938 20001024
記憶力改善組成物 イタノ冷凍 2001-002569 20010109
アポトーシス誘導剤 ヒガシマル醤油 2001-114673 20010424
トポイソメラーゼ阻害剤 ヒガシマル醤油 2001-114674 20010424
プロテインキナーゼ阻害剤 ヒガシマル醤油 2001-114683 20010424
にきび用皮膚外用剤 コーセー 2001-288035 20011016
着色用の安定なエマルジョン及びその製造方法 富士化学工業 2001-316601 20011116
Haematocossus pluvialispから得られるアスタキサンチン生合成に必要なβ-C-4-オキシゲナーゼをコードする核酸配列 イツサム リサ−チ DEV CO オブ ザ ヒ−ブル− UNIV オブ エルサレム 2001-503264 20010313
筋肉機能の持続時間を改善し、または筋肉障害もしくは疾患を治療するための医薬品 アスタカロテン 2001-514215 20010911
Helicobactor種による感染症の予防および治療用経口製剤 アスタカロテン 2001-517213 20011002
精液の生産増加方法およびその質の改良方法 アスタカロテーヌ 2001-525360 20011211
香粧品 旭化成 2002-047123 20020212
免疫増強剤 全国農業協同組合連合会 2002-080351 20020319
抗老化剤およびこれを含有する化粧料 コーセー、クローダジャパン 2002-080370 20020319
安定なカロチノイド類含有粉末およびその製造方法 富士化学工業 2002-112712 20020416
光老化抑制剤およびそれを含有することを特徴とする皮膚外用剤 コーセー 2002-128651 20020509
皮膚外用剤及び皮膚外用剤組成物 コーセー、白鳥製薬 2002-145752 20020522
酸素有効利用能改善剤 富士化学工業 2002-159279 20020604
アスタキサンチン色素含有食品の変色防止剤及び変色防止方法 セイワテクニクス 2002-218940 20020806
粗キサントフィル類の精製法 富士化学工業 2002-218994 20020806
薬物障害の予防または治療剤 富士化学工業 2002-226367 20020814
赤血球の酸化的損傷抑制剤 富士化学工業 2002-226368 20020814
皮膚外用剤 コーセー 2002-275018 20020925
安定なアスタキサンチンとγ−シクロデキストリンとの包接化合物及びその製造方法、並びに液剤、飲食物、飼料、医薬品及び化粧品用途 富士化学工業 2002-348275 20021204
安定なアスタキサンチン−シクロデキストリン包接化合物及びその製造方法、並びに該包接化合物を含有する液剤、飲食物、飼料、医薬品及び化粧品 富士化学工業 2002-348276 20021204
免疫グロブリンに富んだミルク、その生産および使用 アスタカロテーヌ 2002-508317 20020319
乳腺炎の予防処置法 アスタカロテーヌ 2002-508318 20020319
色素およびポリ不飽和油の安定化 ノルスク ヒドロ AS 2002-519479 20020702
消化不良の処置 アスタカロテーヌ 2002-527472 20020827
シワ形成防止用皮膚外用剤、化粧料及び食品 富士化学工業 2003-055188 20030226
新規な微生物及びそれを用いた天然カロチノイドの製造方法 独立行政法人産業技術総合研究所 2003-189846 20030708
カンパチの飼育方法 日清飼料 2003-219808 20030805
眼健康指向性組成物 サニーヘルス 2003-238442 20030827
アスタキサンチン遊離体の精製方法 マリンケミカル研究所 2003-286251 20031010
皮膚外用剤 コーセー 2003-300860 20031021
スラウストキトリウムによるカロチノイドの製造法 独立行政法人産業技術総合研究所 2003-319795 20031111
色素の安定化剤および色素の安定化方法 アサマ化成、日本澱粉工業 2003-327861 20031119
経口用美肌用剤 富士化学工業 2003-335668 20031125
DNA構築物およびその使用 アスタカロテン AB 2003-509057 20030311
自己免疫疾患、慢性ウイルス性および細胞内細菌性感染症の治療のためのアスタキサンチン 等のキサントフイルの使用 アスタカロテーヌ 2003-510353 20030318
炎症性サイトカインおよびケモカインの発現を阻害する方法 アスタカロテーヌ 2003-528139 20030923
天然吸着剤を用いた化合物の回収方法 ヘルガソン・ハフスタイン 2003-530367 20031014
酵母からアスタキサンチン色素を抽出するためのプロセスおよびその抽出された色素 ハイタイフーズ プロダクツ カンパニー リミテッド 2003-531888 20031028
アスタキサンチン含有色素油 日本水産 2004-024060 20040129
緑藻ヘマトコッカスへの外来遺伝子導入方法 ヤマハ発動機 2004-033070 20040205
アスタキサンチンの抽出方法 武田紙器、茂利製油 2004-041147 20040212
放線菌によるアスタキサンチン及びカンタキサンチンの生産方法 関門海 2004-089015 20040325
アスタキサンチン含有脂質の製造方法 サントリー 2004-129504 20040430
アスタキサンチン含有酵母抽出物の製造方法 ケイ アイ化成 2004-208504 20040729
リバウンド抑制剤及びそれを含有する皮膚外用剤 コーセー 2004-238394 20040826
アスタキサンチン中間体 BASF 2004-292461 20041021
家禽用飼料 日本配合飼料 2004-305057 20041104
皮膚外用剤 武田紙器、佐々木化学 2004-307415 20041104
血圧降下剤としてのカロテノイド ナチュラル プロダクツIND LTD 2004-520374 20040708
容器入りアスタキサンチン含有液体石鹸・リンス 東洋酵素化学 2005-002175 20050106
スキンケア用の内服組成物 メディキューブ 2005-027589 20050203
サケの肉色改善方法および肉色改善剤性組成物 日本水産 2005-027662 20050203
単一炭素基質からのカロテノイドの製造 イ− アイ デユポン デ ニモアス アンド CO 2005-503103 20050203
ファフィア属酵母菌体からの赤色色素の効率的抽出法 大関 H08-000283 19960109
アスタキサンチンおよびアスタキサンチン含有物の製造方法 ヒガシマル醤油 H08-103288 19960423
外用に適する組成物 コーセー、イタノ冷凍 H09-143063 19970603
エビ、カニの殻からアスタキサンチンを抽出する方法及び装置 日本キレート H09-301950 19971125
アスタキサンチン含有飲食物 サントリー、イタノ冷凍 H10-155459 19980616
動物用ストレス反応緩和剤及びストレス反応の緩和方法 昭和電工 H10-175866 19980630
アスタキサンチン含有飲食物 サントリー、イタノ冷凍 H10-276721 19981020
カロテノイド配糖体およびその製造法 麒麟麦酒、海洋バイオテクノロジー研究所 H10-327865 19981215
殻廃棄物からアスタキサンチン及びキトーサンを同時に生成する方法 ジュン・インターナショナル H11-049972 19990223
アスタキサンチン含有ヘマトコッカス藻体とその抽出物 ヒガシマル醤油 H11-056346 19990302
魚介類の体表色及び肉色改善飼料 興人 H11-276094 19991012
アスタキサンチン脂肪酸エステルの製造方法 日本油脂 H11-290094 19991026
日内リズム正常化組成物 サントリー WO01/087291 20030729
眼の調節機能障害改善剤 富士化学工業 WO02/094253 20040902
微細藻類培養装置 マイクロガイア WO1999/50384 20000613
安定なアスタキサンチン含有粉体組成物及びその製造方法 富士化学工業 WO2002/077105 20040715

 

公定書

    既存添加物名簿番号(403)
 
品名
名称
ヘマトコッカス藻色素(ヘマトコッカスの全藻から得られた、アスタキサンチンを主成分とするものをいう。)
別名
 
簡略名又は類別名 カロチノイド、カロチノイド色素、カロテノイド、カロテノイド色素
英名 Haematococcus algae colour
基原・製法・本質 コナヒゲムシ科ヘマトコッカス(Haematococcus C.A.AGARCH)の全藻を、乾燥後、粉砕したもの、又はこれを、二酸化炭素で抽出したもの、若しくは室温時含水エタノール、エタノール、アセトン、ヘキサン若しくはこれらを2種以上混合したもので抽出し、溶媒を除去したものである。主色素はアスタキサンチンの脂肪酸エステルである。橙色〜赤色を呈する。
用途 着色料
概要 本品は、カロチノイド系アスタキサンチンの脂肪酸エステルを主成分とする赤色色素である。
原料は、コナヒゲムシ科のヘマトコッカス藻を培養、乾燥、粉砕若しくは抽出したものである。原産国はアメリカである。
製剤の場合、品質の安定化を図るために酸化防止剤の配合がのぞましい。
性状 濃赤色の粘性のある油状物である。
品質特性 油脂溶液は橙赤色を呈する。耐熱性は良いが耐光性は劣る。pHによる変化は見られない。
乳化剤、乳化安定剤を副剤とする乳化製剤がある。酸化防止剤等を含む製剤は安定性が向上する。
溶解性 エタノール、油脂に可溶で、水に不溶。
使用上の注意 乳化製剤で着色した食品で油脂を含む場合は、本品に油脂を移行する。
保存上の注意 冷暗所に保存する。
主な使用対象食品 水練製品、漬物、スープ類等。油脂製品等。
備考 国内規格:「日添協・自主規格」

 

ヘマトコッカス藻色素(ヘマトコッカスの全藻から得られた、アスタキサンチンを主成分とするもの。):日本食品添加物協会技術委員会, 既存添加物名簿収載品目リスト注解書、既存添加物名簿番号(403)、平成11年、日本添加物協会。

特許その他トップへ


Copyright 2005 astaxanthin.co.jp All rights reserved.